研修会情報

受付終了

中長期計画策定セミナー

目的
社会福祉をめぐる議論は「制度論」から「実践論」へと移り、社会福祉サービスの主たる担い手である社会福祉法人には、非営利法人にふさわしいガバナンスと高い透明性を備えた自主・自律的な法人経営が求められています。
また、人口減少社会、少子高齢社会の到来といわれるなか、我われ社会福祉法人も中長期における経営計画に基づき、先を見据えた法人経営の力を身につけ、安定的かつ質の高い福祉サービスの提供を継続することが必要です。
このような背景のもと、地域においてさまざまな福祉サービスを提供しつづけるためにも、社会福祉法人における中長期計画策定の必要性を理解し、計画策定から計画に基づく管理運用までの流れを実践的に学ぶことで、自法人での導入につなげる契機とするべく、本セミナーを開催します。
会場
全国社会福祉協議会 ・ 会議室
(東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル)
受講対象
社会福祉法人の理事、事業計画策定にかかわる担当職員(責任者)
※1法人あたり2名までの参加とさせていただきます
受講期間・日程
平成31年2月18日(月)10:00-16:30
定員
60名
受講料等
会員法人役職員:18,000円、非会員法人職員:30,000円
※参加費には資料代が含まれます。
※宿泊・昼食は、参加費に含まれません。手配を希望される場合は、参加申込とあわせてお申し込みください。
申込締切
平成31年1月28日(月)
内容
講義①(10:00~11:00)
『社会福祉法人に必要な中長期計画とは』
全国社会福祉法人経営者協議会 経営強化委員会専門委員 菊地 月香
地域共生社会の実現に向け、社会福祉法人には主導的な役割を果たすことが求められているなか、社会福祉法人を取り巻く環境を踏まえ、安定的な経営を進めていくために、中長期を見据えた事業計画策定の必要性について、解説します。

『実践事例発表』(11:00~12:00)
社会福祉法人尚仁福祉会(鳥取県)
社会福祉法人愛児会(兵庫県)
実際に中長期事業計画の検討を進め、法人経営に導入した事例として、検討の進め方や中長期計画の運用等について、2つの社会福祉法人に発表いただきます。

講義・演習②(13:00~16:30)
『中長期計画策定のポイント~中長期計画策定マニュアルを活用して~』
全国社会福祉法人経営者協議会 制度・政策委員会専門委員 菊池 俊則
より実効性の高い中長期計画につなげるため、本会が作成した「中長期計画策定マニュアル」に基づいて、中長期を見据えた事業計画の策定から運用までのポイントを、演習を交えながら解説します。
 
ページTOP