研修会情報

参加受付中

令和元年度 障害福祉事業経営セミナー

目的
 昨年12 月に「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会」の報告書がとりまとめられるなど、現在、国を挙げて、地域共生社会の実現に向けた政策が進められています。
 全国経営協では、利用者への良質かつ安心・安全なサービスの提供に努めるとともに、地域と一体となった開かれた社会福祉法人・社会福祉施設として、障害のある人たちへの偏見や差別を根絶し、多様性を認め合う地域共生社会の実現に向けて実践を展開する必要があると考えています。
 本セミナーでは、昨今の障害福祉事業経営法人に関する課題とその検討状況等を共有するとともに、地域共生社会を主導する社会福祉法人として、今後取り組むべき実践の方向性について考察することを目的として開催します。
会場
TFTビル東館 9階 研修室 905・906
(東京都江東区有明3-6-11)
受講対象
(1)全国経営協会員法人の役員及び職員
(2)上記以外の社会福祉法人の役員及び職員
受講期間・日程
令和2年3月10日(火)
定員
200名
受講料等
全国経営協 会員法人 10,000円
全国経営協 非会員法人 20,000円
※税込、資料代込
申込締切
2月19日(水)

参加申込は下記インターネットサイトよりご登録ください。
https://www.mwt-mice.com/events/keieikyo200310
※宿泊手配をご希望の方は、参加登録と同時に上記サイトにてお申し込みいただけます。
内容
開会挨拶(13:00~13:15) 
 全国経営協 障害福祉事業経営委員長 直井 修一

講演(13:15~14:45)
 「地域共生社会における社会福祉法人への期待」
 野澤 和弘氏
 一般社団法人 スローコミュニケーション代表/元毎日新聞論説委員
 地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会構成員

パネルディスカッション(15:00~17:30)
 「多様性を認め合う共生社会の実現に向けて
 ~障害福祉事業経営法人の使命と事業展開の方向性」
 パネリスト:
 佐藤 彰一 氏(弁護士・国学院大学教授、全国権利擁護支援ネットワーク代表)
 野澤 和弘 氏(一般社団法人スローコミュニケーション代表)
 石渡 健太郎 氏(社会福祉法人東京光の家理事長)
 高橋 信夫 氏(社会福祉法人武蔵野会理事長)
助言者:
 平野 方紹 氏(立教大学 コミュニティ福祉学部教授)
コーディネーター:
 澤田 和秀(全国経営協障害福祉事業経営委員会副委員長)
ページTOP