研修会情報

開催済み

会計実務者決算講座

目的
 社会福祉法人制度改革に伴い、社会福祉法人にはこれまで以上に高い公共性・公益性が求められています。その公共性・公益性を国民に示していくためには、「透明性」を高め、かつ「安定性・継続性」を確保した法人経営を行わなければなりません。適切な財務管理は、財務情報の公表等により透明性を高めるとともに、安定性、継続性を確保するうえで極めて重要であり、会計担当職員が果たすべき役割はより一層重要なものとなります。
  本講座は、会計担当者が社会福祉法人に求められる財務管理について理解するとともに、正しい会計処理や決算実務のポイントを学ぶことを目的として開催します。また、「全国経営協 Web経営診断」を用いた、財務分析の方法についてもご紹介します。 
会場
TFT(東京ファッションタウン)ビル 9階  研修室 904-907
(東京都江東区有明3-6-11)
受講対象
社会福祉法人(施設経営法人)の会計担当職員 
※講義の大半は、実務者向けのものとなります
受講期間・日程
平成31年2月19日(火)
10:00~16:00
定員
360名
受講料等
会員法人職員:12,000円   
非会員法人職員:24,000円
※参加費には資料代が含まれます
※昼食代は別途かかります(希望者のみ)
申込締切
平成31年2月1日(金)
内容
10:00~10:10  開講挨拶
 全国経営協 研修委員長 直井修一

10:10~15:15 講義 「正しい会計処理、決算実務のポイント」
 ※途中、60分間の昼食休憩(12:00~13:00予定)をはさみます

 【講師】  
 公認会計士・税理士 中村 厚 氏
 (一財)総合福祉研究会/会員事務所
 あおぞら経営税理士法人 代表社員

 【内容】
  ① 社会福祉法人会計基準に基づく計算書類のポイント
   ・会計基準の正しい理解
   ・会計処理上の留意事項
  ② 社会福祉法人会計基準における決算実務のポイント
   ・決算時に必要な会計処理のポイント
   ・決算書類の正しい読み方と記載時のポイント
  ③ 社会福祉充実残額算定のポイント
  ④ その他の留意事項等について

15:30~16:00 説明 「平成30年度会計決算にかかる留意事項」
 全国経営協事務局 
ページTOP